メニュー

眼科:施設案内

広い空間で換気設備も充実していますので安心して検査を受けることが出来ます。

ハンフリー自動視野計

ハンフリー自動視野計

視野検査は、見える範囲や程度を調べる検査です。主に緑内障の検査に使用し、自覚症状のない緑内障の発見や病期の診断、その他、各種の眼底疾患の機能評価に重要です。

OCT(光干渉断層計)

眼底カメラより、眼底を詳しく調べる器械です。網膜の断層画像を撮影し、網膜の細胞の異常を見つけます。加齢性黄斑変性症や糖尿病網膜症、緑内障など様々な病気の早期発見や経過観察に大変有用です。

OCTA(光干渉断層血管撮影)

OCT OCTA

糖尿病網膜症や黄斑変性など網膜の循環異常や血管の異常を発見します。
昔から、造影剤を使う網膜血管造影検査がありますが、造影剤アレルギーなどの全身副作用のリスクがありました。この最新の器械では、造影剤を使わないため、安全で網膜血管の状態を検査できる新しい検査機器です。糖尿病網膜症や黄斑変性の状態が詳しくわかります。

眼底カメラ

眼底カメラ

眼の奥の眼底(網膜や視神経)の写真を撮るカメラです。肉眼では見つけることのできない、網膜や視神経の病気を発見することができます。

イエローレーザー光凝固装置

イエローレーザー

レーザー光線で、糖尿病網膜症の進行予防、眼底出血、網膜裂孔、緑内障の治療をします。点眼麻酔で加療可能です。

精密眼圧計・屈折視力検査

(左)精密眼圧計
(右)オートレフケラトメーター

精密眼圧計
通常の眼圧(目の硬さ)を調べます。緑内障の検査では重要です

●オートレフケラトメーター
近視や遠視、乱視の度数や屈折状態を測定及び角膜曲率半径調節検査を測定します。

アイケア眼圧計

アイケア眼圧計

車椅子の患者様や乳幼児、外来や往診など、人と場所を選ぶことなく使用できます。

スポットビジョンスクリーナー

スポットビジョンスクリーナー

小さいお子様の屈折異常(近視、遠視、乱視)や斜視(目の位置ずれ)を探知し、弱視の早期発見と治療に役立ちます。生後6カ月から使用できます。

小児用視力検査機器 各種 

小児用視力検査機器各種
立体視検査
色覚検査

小さいお子様に向けた 各種、特殊な検査道具をそろえています。

プリズム検査

斜視 眼位の程度を調べます。

立体視検査(ステレオフライテスト)

斜視によって影響される立体視(3D機能)を調べます。

色覚検査 (石原式色覚検査、パネルD-15)

色覚異常を発見する検査です。2種類の用意があります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME